カレンダー
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
新しい記事
過去の記事
qrcode
携帯からも見られます!

避難訓練

-


雨の合間に差し込む日差しに初夏を感じるこの頃。


たんすい保育園では、火災を想定した避難訓練が行われました。


昨日のうちに避難訓練があることを伝えていたので、

子どもたちは「今日火事になるんだよね?」「ハンカチ持ってきたよ!」と話したり、

不安そうな友だちに「練習だから大丈夫だよ」と声をかけたりと

朝から頼もしい姿が見られました。


火災報知器のベルが鳴り、静かに担任の先生のところに集まります。



先生の話をよく聞いて落ち着いて行動しています。



避難場所の放送に耳を傾けています。




そして、防火扉から避難です。

喋ったり走ったりすることなく、落ち着いて避難ができています。



ふたば、つぼみ組さんも安心してください。先生たちがしっかり守ります!




無事に避難した後は、炎や煙が広がることを防ぐ防火扉の役割や消防設備士の方がどんな仕事をしているかなど話を聞きました。


消防設備士とは、熱感知器・煙感知器という道具を使って正常にベルが鳴るかを調べてみんなの命を守ってくれる大切なお仕事だということを知りました!

そして、消防設備士の方が来てくださったのでみんなでお礼を言いましたよ。




話をしっかり聞いていた子どもたちは

部屋に戻る際「小さい方から出るよ!」と改めて確認していました。




昨今、コロナウィルスや水害といった

いつ何が起こるか分からない状況が続いています。

今回の避難訓練を通して、子どもたちに命の大切さを伝えながら、しっかり守っていきたいと改めて感じました。



フリー

高松 美聡

ページの先頭へ